±△

わたしフィルターでみるアイドル いろいろいろめがね

ここにきてまさかの塚田僚一

 

 私ジャニヲタ史上最も熱あげてる、そう、ABCZに、塚田僚一に。

ABCZいっつも初めての感情をくれるからさ……好きすぎてつらいとか、歌番組見るのにこっちがド緊張する、とか、毎回期待以上のパフォーマンスしてくれる、とか(ハードル上がりすぎるからもうちょっとセーブしてもええんやでってなるけどセーブしないABCZ…)、お互い遠慮しすぎじゃない?そこ拾う所!そこ誰かツッコむ所!スルー!!!?まじ???^^っていう時がちょいちょいあるとか(一緒にいすぎて感覚麻痺ってるよね?とっつーのスルー具合とか超笑う。皆すっごい他人事の時あるよ?笑)、基本パフォーマンスにおいては涙腺くるレベル。普段の感じとかバラエティとかは、何かつっこみ所多いよね(でも5人の空気感の絶妙さハマるよね)これに関してはじゃあ、えびが嵐みたいにそつなくバラエティ回せるようになったら?って考えたら、なんかちょっと物足りないかも?とは思う(笑)いい意味で素人感あって散らかってるけど何か楽しそうだからいっか。かわいい、かっこいい!!そこ拾う所だけど(真顔)っていう、つっこみ所の余地さえも欲しいのかも知れない(?)

 

いやあ、塚田くんが最終地点だったんだなあと、自分でもびっくりなんだけど必然だったと思う運命だったと思う(やばい、花畑スイッチ入る…。耐えた~っ!)なんでここまで塚田僚一にハマったか、

 

結論、アイドル性が高い。人間としても好き。リア恋枠。

 

あ~もう拗らせる要素しかなくて沼。

アイドル性の高ささえあれば十分だったのに畳み掛けてきたこの人間性とリア恋性。私の好きなアイドル性って基本的に仕事真面目でアイドルを演じるのが上手い、俗っぽくない、信頼できる、っていうタイプでまあ優等生が好きです。例を挙げると二宮増田。特に増田さん。いやだって彼、トイレ行かないですし?行っても出るのイチゴですし?マシュマロですし?(そこ??)

 

真面目に言うと、アイドルであることにプライド持ってて、アイドルたるものこうあるべきっていう信念のある人が好き。だからこそ手抜きは無いし。二宮増田のアイドル論はとってもめんどくさい(※超褒めてる)けど、塚田くんはまた違った感じではある。というか二宮増田は器用に自分の論でアイドル作って演じるんだけど、塚田くんは器用なんだけど器用と呼ぶには汗をかきすぎてる(代謝の話ではない)し、素直すぎる(二宮増田がひねくれてるとは言ってない、あ、言っちゃった☆)

二宮増田の強度ハンパないからね(笑)この人達何かしら外野からピーチクパーチク言われようが芯のぶれないタフさというか、まあ気ぃ強いよね(笑)増田くんは当たられてもビクともしない強靭さがあるし、にのみは衝撃吸収してなんでもない顏してる感じ。イメージ。塚田くんはそこまで強くはない感じがまだ人間らしさを残してるかなあ。当たられたらちょっとふらつく、けどまた同じ位置に立とうとする。人間っぽい弱さといったら大袈裟だけどそういうのが見え隠れというか。親心も少なからず発生する、ここが決定的に2人と違うのかな。塚田くん超偶像なのに少し人間風味。塚ちゃん☆なのに塚田僚一風味。

 

あと、表現力のある人が好きで、歌に合わせて表情で世界観表現してくれる塚田くん最高。明るい歌は最高にハッピーに、かっこいい歌は目つきから変わる、歌の世界観を自分の中で噛み砕いてから表現してるっていう感じが大好きで!(例外なく二宮増田もこれです)だから表情の変化が少なくていつもただ爽やかに自然体な人にはあまり惹かれない、かっこいいとはなるけど。基本的にえびに惹かれた要素として、この人たちめっちゃ入り込むじゃん!!!!っていう表情変化が好きだった。特に郁人。正直河合くん一番好きだよ表情変化。天才かよ…って毎回思うよ。表情なんて意識しないと作れないし、入り込まないと作れない、もう表情が素晴らしい時点でどんだけ仕事してるかってこと!!!(修造モード入りそう、やばい。。耐えた~っ!)ただ踊るだけでも歌うだけでもなく表情まで作り込むんですねABCZ職人…ってもう震え通り越して凍えたね!そして塚田くん自分パートじゃない所も口ずさむじゃないですか、好きです。(食い気味)そしていつでもハッピーな気持ちにさせてくれる太陽感。眩しい。遮光板いる

 

人間性も最高に好きだし、塚田くん…お育ち良いからね絶対…ママさんパパさんありがとう…言葉遣いが綺麗っていうのも素敵だし、食レポでいい匂い~☆って普通言うだろう部分を『いい香り~☆』って言ったの聞いてわたしは…香り…わたし言ったことないかも…香り…って放心したのを覚えています。

 

細かい所でいうと人が喋ってるときに真顔じゃなくて笑顔で話聞けるかって私にとっては相当大事なんですよ~自分話すの苦手だから人に真顔で話聞かれると心折れるんですよ~(知らない)塚田くんそこも抜かりない。笑顔のプロかよ。遮光板いる。とっつーと五関様もこの点素晴らしい。特に戸塚くん素晴らしい。大好きです!

 

出てくる言葉出てくる言葉に棘がない、明るい、ポジティブっていうのも感動する。とても相葉ちゃん。塚田くんは相葉ちゃん(違います)時々、悪気ないからこそすっごい残酷な事言っちゃってるの笑うけどwww

でも基本的には間違ってないところ、その真意にはただ真面目で相手思いっていうのが見えるから、私はああ、その言葉の裏はこうだろうなっていうのを推測しては塚田くんいい子だなあって勝手に涙するよ!(特技:想像からの感涙)多分塚田くんに対しては全て好意的な方向に取っちゃうし取らせてくれるから、好きです(食い気味) 

みんなが塚田wwwwwwってなってる時、わたしは一人、想像で裏を読み、塚田くん…そうかそうか…これは自己肯定感の低さから来ている…Oh…Darkness……とか思ってるタイプ。いや超笑うけど(どっち)

基本的な棘の無さは、感動レベルなので、その部分をいい方向に捉えられるってすごいな! その雰囲気を明るい方向に持って行ける天使感、あっぱれだな!遮光b(ry

とにかく人間性が好き。遭遇でファン増やせるってすごいよ塚田くん。毎日がオリンピックだし毎日が握手会なんだ塚田くんは!神対応

普段も天使だね?アイドル以前に天使だね?って。

 

 

そして拗らせ具合を加速させまくってるのは、リア恋枠という部分ですね…………ちょっと担当をリア恋として考えてみようか。いくよ!!!!

 

塚田>>>>>>>>>越えられない壁>>>>>>>>>>>>>>>二宮>>>増田

 

デーン。圧倒的。これ塚田くんのリア恋性質すごいのと増田二宮がリア恋じゃ絶対ありえない感がこの差を生んでる。笑

やっぱ二宮増田ってアイドルなんですよ、なんか現実に居ると違うよね、っていう。二次元空間に存在するからイイ的な。そしてどちらかというと中性的。可愛い系。アイドルイメージとして。(増田くんが普段はとても頑固でめんどくさいそしてドS雄属性なのは知るべき人が知ればいいのさ…彼女からの会いたいメールに寝たふりする人だと…「会いたいなら来ればって感じですかね(CV:増田貴久)」…冷たい!絶対零度!凍える!)(増田くんの恋愛ネタはいなす、聞かれれば超冷めた解答をするっていうのは逆にアイドル的なんだよ、リアルな解答を避ける手法だから。これこそ逆ファンサ。拍手!)ちょっと脱線。危ない。

 

二宮増田って標準装備がアイドルなのに対して、塚田くんの標準装備って「かっこいい男の人」なんですよ私にとって。ここなんです拗らせる要素。かっこいい男の人がアイドルしてる、この感覚初めてで。

ジャニーズのアイドルってアイドルとして見てるから、あんま強く男の人だって感じないというか。でも塚田くんとってもかっこいい男の人。何なんだろう。(聞くな)超絶アイドルで偶像なのに現実的な男の人感もすごいえぐい。 アイドル性で好きになって更に人間性で好きになって、リア恋と気づくじゃないですかぁ…

THE END

 

 

そりゃ性格良くって、仕事真面目で、遮光板必要レベルの笑顔で、お洒落で、可愛くて、天使で、かっこよくて、男らしくて、声良くて、品があって、フットワーク軽くて、ちょっと隙もあって、人間らしくて、優しくて、素直で…ねえ、リア恋にするなって方が無理じゃない^^??無理だね^^

 

リア恋併発するとやばいんだなってここに来て初めて知った、うん。

とてもかっこいい男の人。超アイドル。それが塚田くんでした。

 

 

塚田僚一好きすぎてつらい。