±△

わたしフィルターでみるアイドル いろいろいろめがね

誰かわたしの熱を止めてくれ~加速するLead熱、新アルバム。~

f:id:abtmcz:20160609113313j:plain

4年ぶり、三人体制初のアルバム『THE SHOWCASE』発売おめでとうございます!(パーーーーンッ!!パパーーンッ!!!※クラッカー音)

初めて聞いたとき、4、4年ぶり…?ってびっくりしたよ…ファンの方々は待ちに待った待望のアルバムで更に更に嬉しいんだろうなあと;;!(アイアムド新規。)

 

実に興味深い。

は~~~~!そう来たかぁ~~~!クゥ~~~~、って感じ。(なにも伝わってない)

というかこの一枚で「Lead」を紹介したい、これ一枚が名刺です、っていう曲の盛り方してるの、欲張りかよ~~~~><!って愛おしいし、これ一枚で勝負を賭ける、これ聞いてダメならそれはそれで、っていう何か潔さすら感じて男前だし、なんだこれ萌える(?)分かり易く派手に奇抜に目に見えて攻めるのとは違うのが、Leadの沼たる部分だと思うよわたし…。根底の姿勢で攻めてるよコレは…。攻めてる雰囲気出さずに滅茶苦茶攻めてるの怖くない?絶対敵に回したくないタイプ。

アルバム聞いて、Leadの系統?色?グループ特性?が何となく掴めるんだろうなぁ、と思ってたんだけど、まさかの、掴めない(☆)ま さ か 。

まさかすぎて、まさか。(動転)

で、結局、君たち何者なの…?っていう怖さ。(脳内で木霊する3人の定型挨拶\Leadで~す!☆/)

個人的な予想ではもっとピコピコシャーシャーギラギラしてるEDM系?(音楽用語の疎さ笑う)ダンスミュージック的な雰囲気なのかなと(衣装的にも)思ってたけど、アルバム開けてみたら、全部盛りだった。全部やったった、感がすごい。アルバム聞き終わって3人のドヤ顔見えた。(幻視)ここが強みです!ここ売りです!この世界観を感じてくれ!っていう明確なコンセプトを押しだしてない、ある意味、平凡な感じも受けるんだけど、コンセプトを推し出さない(ぼんやりした輪郭だけを持つ)強みをこれだけ真っ当に具現して体感させられるんだなとワタシ感動している、、、ほんとに感動しているいや、ほんとに(ry、これやろうと思っても「平凡(ただぼんやり)」に傾く危険性メッチャあると思うよ単に奇抜な楽曲で攻めるよりも転んだ時のリスク高いと思うよなにこれすごいな?

一曲、一曲、確かにイイ曲、でも何よりアルバム全体を聞いて初めて分かる、これは………。って震えるパターン。これで分かったろ????と言われてるような、そこで初めて、得体の知れない凄さに襲われる感じ、コレ、こわいよ。ホラー体験かな^^?(夏はまだ早い)

全体を通して決して平凡で終わってないのは、完全に楽曲の背後に見える自信と、何より、コンセプトを押し出さない=扱えるイメージの幅が広い=俺たちは何でもできます(ドヤ)(キランッ)。の主張が露骨。Leadさん露骨。笑う。

何だか聞いてて、Leadのドヤ加減が甚だしい(笑)あ~~~ホント自信あるんだろうなこのアルバム~~~って道端で思わずニヤつくくらいに。

色んな種類の曲を提示して、「何でも出来ます」が説得力を持てたときに、非凡になると思うんだけど、って…結論、大成功ですよね。むしろ説得力しかなかったよね。Leadだもんね。毎度思うけど、Leadの弱点はなに????三人揃って出木杉君か…???。色んな種類の曲を提示すると、ただとっ散らかった印象になったりする危険性も、その実力でねじ伏せて粉々にしたよね、そう、合言葉は「何でも出来ます(ドヤ)」最終的に、ああ、これ、コンセプト押し出してない、に見せかけて、とっくにコンセプト埋め込んであるじゃん、、、って、(そして見える3人のドヤ顔)、何でもできる、万能性、可能性、これでもかと言わんばかりの自信に満ちた姿勢がコンセプトとして裏テーマ的に潜んでんだな…ってもう超ホラー!!!!!!!!!!!気づいたときには!!!!!(?)!!!!!こわい!!!!

あと個人的にLeadさんは曲の中でも平凡に見える曲が‘かなりの好きな曲になり得る’ので、不思議。ここでの平凡っていうのは王道のJPOP、どこのグループが歌っててもすんなり飲み込める癖の無さ・独自性の薄さ、って意味で。インパクトそんなに無いな~って思う引っ掛かりの無いサラッとした曲って飛ばしがちなんだけど、Leadはそういう曲が楽しく聞けるのでなんでだ…?(知らない)むしろそういう曲こそ(最高)、みたいなところある。なんでだ?何だろう、単純にイメージに激ハマりするから?爽やか好青年のイメージと王道JPOP感がバッチリタッグ組むと良曲に進化する…?(敬多さんのせいでポケモンちらつく。笑)このスキル持ってして王道行ってる感じが逆に面白いのかもしれない。わたしLeadってイメージもっとスカしてるのかと思ってた(JPOP?俺たちもっとカッコイイことしてるぜ、ヨ―メーン!みたいに(?))けど、すごい王道行くしアイドルっぽさもあるんだね…?ってビックリしたよ…ふつうに…。そういう意外性も良曲をアシストしてんのかなあと。

 

 

ああ、Leadの素晴らしさ、説明では限界がきてる(ただ自分の語彙力に限界がきてる。笑)、肌で感じてほしい聞けば分かるさ!☆(逃げた)

というかこのアルバム明確にコンセプトあったとか言われたらこの話全部チャラになるんだけど!それは笑うwwwwwwwwwwwwww(大した情報を持たず主観のみで話進める芸人のリスク)

ただ、このアルバムを聞いたことにより、この人達がコンセプトアルバム作ったらどういうことになるんだ。。。っていう興味が爆発してる。どこを軸にどっち目がけて飛ぶのか、どう攻めるのか、見てみたい欲がウズウズし始めた。次はギチギチに世界観提示してみてほしいなあ!(イチヲタクの願望)(どう考えても近年の嵐さんのコンセプトはっきりアルバム/コンサートのおかげで世界観提示大好き芸人と化してる)

 

ざっくりピックアップで曲感想いきます~~!

 

☆Loud!Loud!Loud!

古屋敬多さんは天才!!?!!(YES)

作詞が好き過ぎてつらい。スーパーディスコなんかいまだにipodで再生されるたびにバスの中でも徒歩中でもフフッ……と怪しい笑みこぼす。(要注意人物)

圧倒的センス。センスに尽きる。敬多さんって歌詞時間かける派なんだろうか、タタンっと感覚と勢いで短時間で書き上げる派なんだろうか、気になる。細部見ても巧いな…って感服なので、、、すきです、、、歌詞にしろパフォにしろ普段の感じにしろ、敬多さんの余裕感には軽率に惚れる~~~~

散々ツイッターで熱くなっている。敬多さん作詞はほんとに…(拝)

 

☆Let's Get On It

ストレートにエロい。(こういうの待ってました!)

(というかそもそもLeadさんって恋愛曲、ガツガツしてない…?そんな沢山曲聴いてる訳じゃないけど、なんか肉食臭漂う恋愛曲歌ってるイメージ強い。積極的。Lead、‘俺’派なの????ってまずビックリした記憶ある。‘僕’派じゃないの?呼称オレなの?(興奮)‘お前’なの?‘君’じゃないの?ってのも。オレ/オマエ。マジかよ、と。イメージ完全に僕/君、だったんだけど???!?!(最高))

この曲は、まあ、言ってしまえばストレートにベッドNOW、oh,yeah!(って解釈でいいよね?合ってるよね?)とういか、イケてるアイドルが夜シチュエ―ションでDanceとか言い出したらそういうことだからな!!踊るってのはそれベッd(やめなさい)

 かぎもとあきらさん「優しくできなくなるよ、ねぇ、それでもいいの?」

ふるやけいたさん「順番なんてどうだっていい」

このフレーズをアルバム代金3700円(初回)(通常ならもっと安く)で買えるのコスパよすぎだな^^?

歌詞がストレートすぎて面白い(2人、相性もFantastic!(夜)とか結構じわる)

 

☆Zoom Up

聴いた時から好きしかなかった上にどれだけ再生しても最高が尽きない。滅茶苦茶に歌詞がアイドルだな~~と思う一曲☆(だから好き)(分かり易くトキメキたい学派!)

 出だしから「ハートの鼓動が聞こえた、君と出逢った時、」だから…アイドルゥ…。「正々堂々告白したい、絶対」ってド直球なアイドル的恋愛歌詞をあのスタイリッシュお兄さん方が歌うからね…かわいいしかっこいいよね…(罠)「他の男が見るのはまっぴら、」とか独占欲もGOOD◎もっと妬いて◎!ってなるね(なるよ)

しかし全体的に引いてみてみると歌詞が割とストーカーじみてることもなくはない(ある)すごい遠くのマンションあたりから拡大ズームで連写してない…?(震)(ストーカーLead…良い…ナイス狂気…。)イケメンだから相手の警戒心薄めでフランクに近づけそう、ああ怖い、最高。狂気じみたイケメン(Leadに限る)さいこう!!!!!(結論がおかしい)

 

☆Stand by me

谷内伸也さんも櫻井翔系クソ真面目リリック~ギラつきを添えて~をお書きになる人です???????

なんというかパッと聞いて、真面目か。っていう反射が起こるやつ(笑)歌詞じっくり聞いて、とかじゃなくて歌詞群をサッと目に入れただけで、真面目か。って言いたくなるやつ(笑)真面目コーティングされた野心家ほど怖いものはない、と櫻井の翔様が教えてくれているので、ええ、谷内伸也さんもその系譜ですかねありがとうございます^_^!

戦場へ行く道すがら流したいBGM。この曲で戦場向かいたさある。(?)重い扉突き破ったら前に壮大な景色パーッと開けて、久々の光でちょっと眩しいな、自然も味方してくれてるような日和だぜ、いいじゃん、最高の祝福だ、とか思いながら潔い決意と強い信念と共に戦場向かいたさある(戦士願望なに)

歩いてるときに聞いてると、今自分無敵です、近寄ったら怪我するぜ!っていう気分になる曲ってあるじゃないですか(あるよね?ない…?)わたしは煩めのロックとかキスマイのギラついた曲でそういう気分になることが多いんだけど、その系譜。

そして、‘Stand by me聞いてるわたし’のバックには無敵音を流して欲しい。

www.youtube.com

伸也さんパートのラップで重い扉ブチ破って、二人のボーカル部分では壮大に開けた景色を前に進んでいく感じ、物語性を感じてエモくなってしまう一曲。主人公Lead、エモい…。超カッコイイ剣とか持たせたい。ついでにおにぎりとか。(母心)戦場で手榴弾投げるつもりが間違っておにぎり投げる伸也さんとか見たいじゃん!見たいよ!(見たいか…?笑)まって、感想の締めがこれはどうなの……あっ、とにかく、物語性を感じる力強い一曲です!!!!!!!!(上手く締めた顔)(☆)

 

☆Amazing

ほほぉ~~~~~かぎもとあきらさん、、、ほほぉ~~~~(ニヤニヤ)という感じ。(語彙欠陥が致命的。笑)ドドド王道のJPOP(ラブソング)なのも、ほほぉ~~~ふむふむ…ふふふ、、、なんだけど(何がなんだか)、一番の感想は「キャラブレ0楽曲wwwwwwwww」いい意味で滅茶苦茶笑った。いや、もうあなたそのものですね、感が凄いのなんの。「だろうな。かぎもとあきら、…だろうな。(納得)」って思わず零すよね独り言で。キャラもニーズも分かってるというか、でもキャラも背負ってる訳じゃなく自然と意識せずともこう(王子系)なってる感じあるし、ニーズ汲んでるというよりかなり素で2枚目キメちゃうタイプ(かっこいい自分、をちゃんと好き。)なんだろうなと思ってる、笑う。(全部いい意味で。ここ重要。愛しみから来る笑いだと思ってくれればかなり近い◎わたしすごい優しい顏で微笑んでるキモい。)ストレートでピュアでスイート、この世界観で頭の中展開されてるんだな~と思ったら本気で愛しさヤバイな。世界観というかこの人って真っ直ぐ思い伝えたいみたいなのが大きくある人なんだろうな~とこの曲を受け取ってみて思う。わっと驚くほどの表現をしてる詞とかがある訳ではないんだけど、曲全体からの‘伝えたい’の誠実さというか、ここまで伝えたいが溢れた詞書いててなお、ちゃんと伝わった…?って顔色伺ってくるような(各自脳内で再生任せた!死なないで!)、自分からの一方的な満足で終わらせたくない相手の心に‘絶対伝えたい’を感じるんだわ…って、ヲタクの誇大妄想炸裂しちゃってるな(☆)というか本人がどういう気持ちで書いたかは知らないんだけど、頭にある恋愛の世界観を書いたというより(建前そうだとしても)、ファンの人を想いながら書いたんじゃないかなあって直感的に思った、そんな雰囲気を感じる、むしろそのベクトルが強いなあと思ってる 。

 

そして、曲の長さ見ました…???

f:id:abtmcz:20160609132542j:plain

 群を抜いて長い(笑)唯一、5分台を記録。愛しさ。

伝えたい気持ちここから既に溢れている。かわいい。気合入れすぎ。心こめすぎ。(照)

5分29秒の表示見てどれだけ萌えたか、どれだけニヤついたかという話。

歌詞中の、春の日でも~夏の日でも~冬の日でも~のくだり、秋どこ??????って一瞬なったんだけど、待ってこれはwwwwwwイケメン技法wwwwwwって滅茶苦茶笑った。(愛しみ)

あれだよね?‘秋’がないのは、二人の関係性に‘飽き’なんてないよ(♡)、っていう意味含んでのやつだよね…????そういうプチサプライズ的な詞書いてる事実が可愛すぎて笑う愛しさ爆発して大変。

あと、歌詞中の相手を「君」、って呼んでるから、対応するのは「僕」が自然な流れだし、実際に僕、僕ら、って言い方してるんだけど、最後の一回だけ、おれ、が出てくるの、そういうやつだよねホントね、かぎもとあきらさんのそういうところね、チラッと男っぽいところ出してくるやつね、やめてほしい(訳:ありがてぇ…)(訳:もっとください)(訳:すき)(訳:心臓に悪い)(翻訳者によって訳し方が変わる例)

ロマンティックな一曲というより、笑ってしまうほどピュアで誠実な人柄が表れてる曲だなあって感じたし、なんだかファンとあきらさんの関係性もちらつくような印象。だからキュン…!♡というよりじんわりとハートを侵食するような暖かいトキメキでした!☆

 

↓あきらさんからのライナーノーツ

4年以上掛けてコツコツ作っていたバラード。
広がりのある壮大なストリングスのサウンド、ドラマティックな展開になったピアノ、緻密に重なり合ったコーラスとサビのハイトーンは聴きどころ。
 
普段は口にして言うのは照れくさいけど、一生懸命で一途に“君が好きなんだよ。”っていう思いを歌詞にしました。この曲を聴いてくれた人が、今、自分のそばにいる特別な存在の「大きくも小さく輝く幸せの形」を感じてもらえたら嬉しいです。
 (コメントに名前入れ込んでくるのニクイよね~~かわいい)
何気ない事も大切な人といればキラキラする日々に、このラブソングを合わせて聴いて下さい。
 
鍵本輝

 

なんか非リア殺しに来たかんじあるね^^^^

大丈夫、わたしにはあっくんが特別な存在だよ♡っていうお決まりの流れになるんだからヲタクは!!!!!そういうもんだよヲタクは!!!!!!このラブソングを聴いて妄想で楽しむしかねぇよヲタクは!!!!ありがとな!!!!!(ヤケ)

 

☆Game

 うぉぉ??!?!伸也さん…っ!!!!な曲。伸也さんがガッツリ持ってった。

すごいオラオラ来る。伸也さんに「俺だけを見とけ」って言われたら、首縦に振るしかなくない…????一旦かぎもとあきらさんとの関係考え直すよね(???)個人的には「刺激が欲しいらしい、」の前の「ン゛~ッ」(文字じゃ伝わらない感すごい)っていう咳払いじみた喘ぎ…??(???)(なんだこれ全然伝わらないw)がとてもよいです◎この声、目覚まし音にして起きたい。(狂気)

あと自分、あきらさんの英語の発音すっごく好きなタイプだな~と常々思ってる。上手いかはジャパニーズピーポーわたしには分からないけど、好きな発音!ちなみに個人的好きな発音する人ランキング一位は西野のカナやんです。

そしてアルバム聞いてて、敬多さんが歌うとドキっとする現象が顕著。いや私かぎもと推しだけどな?タイプな声、っていうわけでもないのに、敬多さんが歌うとドキッとするのなんだろう…恋かな…^^?出来る人の余裕がえろい?いろんな場面で古屋敬多さん沼すぎる…って頭抱えるけど、歌聞いてても自分では解明出来てない反射的にドキっとする感情に、古屋敬多さん……is………沼……。って沼のほとりにダイイングメッセージ書き残して沈んでる、、、分かる人は分かって欲しいのは、古屋敬多さん、超五関くん系統。沼さが異常。ほんと五関くん。(違)

 

☆志~KO.KO.RO.ZA.SHI~

ジャポニズム~~~~~!嵐のアルバムに混ぜ込みたい~~~!って叫んだ(@心の中)和風な割に疾走感あるのでアガる曲になってるところも面白い。

和風楽曲大好き芸人大歓喜の和テイスト。ジャポニズム以上にジャポニズムしてる(?)はんなり優美な和テイストじゃなく、ゴリゴリ武士道和テイストって感じが俄然強め。きっと、時代が違えばLeadは後世まで語り継がれる優れた武士。(飛躍)

かぎもとあきらさんもライナーノーツで

己を鼓舞したい時に聴くと、我の中に封印されしサムライの心が今ふたたび蘇らん!
掲げた旗の下に我に続け、いざ出陣!!

と仰っているので、…いざ出陣!!!!!!!!!!(忠誠)

 

☆Stund up Action

来た~~~~!得意の爽やか王道JPOP!↑

というか、A.B.C-Zでは…!!!!?!!!!!ってくらい凄いABCZ臭。全然これアリサマコンで披露あったな????ってくらい違和感なくABCZ歌ってる。(※歌ってない)聞いてて、あれ?はしたんの声聞こえるな????って。(THE☆幻聴)キラキラ爽やかで明るいJPOP似合うよなあLeadさん。どこのグループ歌ってても違和感ない癖のない曲歌って、それが自分たちの物に出来る才能めちゃくちゃ買ってる。いわゆる、あ~これファンサ曲だな~っていうナンバー(サラッとした明るい曲)基本そんなに好みじゃないから飛ばしがちだけど、Leadの場合、ファンサ曲が謎に良い。謎に。大袈裟でも何でもなくこれLeadが歌って無かったら(他グループの楽曲だったら)飛ばすと思う。そんな感じ。Lead謎にサラッとした曲も自分のレーダーに引っ掛かる。謎に。ほんと謎でしかない。(笑)スタイリッシュなお兄さん方がジャニーズ事務所的な雰囲気の曲を歌うことに対してのギャップがこうしてる(聞いてて面白い/アガる)のかもしれないとはちょっと思う!

 

Lead3人のライナーノーツ見て、音楽用語分かってる人の感想かっこいい…ってなってる。わたしがエロいとしか言えてないLets get on itも「身体に響くどっしりとしたキレのあるベース、その中を泳ぐ様に動くシンセ、耳心地の良いトークボックス」らしい…。ひとまずトークボックスググったよね…。

そしてやっぱりここでも敬多さんの一味違う存在感出てるのが流石…。2人は結構似たような雰囲気持ってるけど敬多さん異質というか、天才タイプっぽい。感覚。ゆえのちょっと変わってるカンジ?ゆるいしシュールな。でもって少年っぽさが強い。沼すぎて説明も追い付いてないな☆。

ライナーノーツで笑ってる(「。笑」「笑”」っていう表記をしてた)の古屋敬多さん一人だったのもらしくて笑ったし、敬多さんが文章量も潔く簡潔にライトなノリでまとめてるのに対して2人はそこそこの文章量を結構練って考えてるのが透けてて、ここでタイプ分かれるよな~~~って面白く見てた。興味深い。

そして最近一番、敬多さん好き…ああ超すき…ってなったのはタワレコ店頭に飾る一言メッセージが「こだわったよ~♪人間以外でもハマる一枚になったよ~♪」っていうまさかの角度でアルバム宣伝してたことです♡(このセンス><)

 

Leadのアルバム良かった!!!!!ということ、それに尽きる。今、この記事の文字数に引いてる。9450越えてる…。わたしジャニーズだっけ?一万字インタかな…(?)

 

なにはともあれ、

 

Leadがアツい、2016初夏。